てげてげゆりんのマイペースブログ

宮崎が大好きで、宮崎の情報を広めながら、日々感じたこともつぶやいています。

芸能

R-1ぐらんぷり2018はゆりあんを抑えて濱田祐太郎優勝!!

投稿日:

R-1ぐらんぷり2018、結果は、濱田祐太郎さんの優勝でしたね。

声もしっかりしていて、面白かったですよね。

濱田さんは全盲に近い弱視の漫談家、28歳。視力に障害があるなんて、全然気にならない位、周りを笑わせてくれました。障害者はかわいそうというイメージを見事に崩してくれましたね。

今回のR-1ぐらんぷりは、過去最多の3795名が参加しました。濱田さんは、その3795名の頂点に立って、16代目のR-1王者となったわけです。

R-1グランプリとは

1人芸で、一番面白い芸人をきめる大会です。優勝賞金は500万円!

歴代の優勝者は、

2017年・・・アキラ100%

2016年・・・ハリウッドザコシショウ

2015年・・・じゅんいちダビッドソン

2014年・・・やまもとまさみ

2013年・・・三浦マイルド

2012年・・・COWCOW多田

2011年・・・佐久間一行

2010年・・・あべこうじ

2009年・・・中山功太

2008年・・・なだき武(ザ・プラン9)

2007年・・・なだき武(ザ・プラン9)

2006年・・・博多華丸

2005年・・・ほっしゃん

などなど・・・

 

濱田祐太郎さんってどんな芸人さん?

プロフィール

NSC大阪35期生

出身地:兵庫県神戸市

生年月日:1989年9月8日生まれ

身長:171㎝

体重:85キロ

血液型:O型

 

先天性の緑内障のため、左目は全く見えず、右目は明るさを感じる事が出来る程度らしいです。

小中学校は普通の学校に通い、高校では盲学校に通っていたといいます。

濱田祐太郎さんが影響を受けた芸人さんは

「ハリガネロック」、「ビッキーズ」のファンだったそうですよ。

小学生の頃彼らの漫才の面白さにはまり、お笑い芸人を目指すようになったようです。

同期の芸人は?

ゆりあんレトリィバーがいます。

同期のなかでもゆりあんは優秀で、35期生の首席なんですね。そのゆりあんと決勝で争い、なんと断トツでゆりあんを抑えて優勝を勝ち取ったわけです。濱田さんにとって、ゆりあんは別格で、ゆりあんに勝とうとかは考えていなかったようです。それが、3795名の挑戦者の中のトップに立った訳ですから、本人もドびっくりしているようです。

濱田祐太郎さんの芸風は

R-1ぐらんぷりの1本目の出だしは「はっ」としましたね。

スタッフに付き添われて舞台に立った濱田さん、白い杖をついていました。会場の観客は皆、拍手を忘れてしまったんですね。そこを濱田さんはネタにしました。

「あっ拍手無しですか?拍手して下さいよお願いしますよ!びっくりした俺客席見えへんからお客さんゼロ人かと思ったもん」

さすがですね、こんな大舞台でそんなとこまで笑いのネタにしてしまうなんて、凄い人です。

緊張していたら、覚えてきたセリフを忘れないようにと、頭の中はいっぱいいっぱいなのでは?と思いますが、想定内だったのでしょうか?状況をさっしてアドリブで出てきた言葉だとしたら、大物だと思います。

今後の活躍が楽しみですね。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日本版「記憶」中井貴一でリメイクして登場

来ました!!韓国ドラマ「記憶~愛する人へ~」日本でリメイクして登場です。 主役イ・ソンミンが演じたパク・テソク役を中井貴一が、妻ヨンジュ役を優香が演じます。 このドラマは、「魔王」なども手掛けたパク・ …

検索

カテゴリー

アーカイブ