てげてげゆりんのマイペースブログ

宮崎が大好きで、宮崎の情報を広めながら、日々感じたこともつぶやいています。

宮崎のおすすめスポット

高千穂パワースポット天岩戸神社・八百萬の神々が集まった場所天安河原を参拝

投稿日:2018年1月9日 更新日:

高千穂の神話スポットの一つ、天岩戸神社。

天岩戸神社西本宮の駐車場奥では、タヂカラオノミコトの御神象が出迎えてくれます。車を降りたら、駐車場の奥も見てくださいね。

天岩戸神社は、日本神話では有名な、天照大御神様が御隠れになった洞窟の天岩戸を御神体として御祀りしています。

太陽の神である天照大御神様が、弟神スサノオノミコトの乱暴な行いに耐えかね、洞窟に御隠れになったため、世界が真っ暗になってしまいました。困った八百萬の神々が集まり相談した結果、岩戸の前で鈿女ノミコトが面白おかしく踊り、それを八百萬の神々が大笑いして騒ぎたてます。天照大御神様は、自分がいなくなって世界は真っ暗なはずなのに、何故賑やかにしているのだろうと不審に思い、戸を少しだけ開けるのです。そのタイミングを逃さず、タヂカラオノミコトが岩戸を力いっぱい取り払い、投げ飛ばしてしまいます。

こうして世界はまた光を取り戻しました。めでたしめでたしというお話です。

そして、飛ばされた岩戸は信州の戸隠に飛んで行ったとされています。

御神域天岩戸を遥拝するには

御神域「天の岩戸」を御遥拝したい場合は、上記写真の社務所で申し込む必要があります。料金は無料です。

御遥拝したい旨を伝えると、御神職が遥拝殿まで案内をして下さり、詳しく説明して下さいます。希望者は待合室でしばらく待つことになります。私たちも、10分位待って、数組の観光客と一緒に案内していただきました。外国の方もいて、神職が英語でも説明をされていました。

遥拝殿へ入る前に、こちら西本宮の拝殿でお祓いをしていただき、参拝します。皆が参拝し終わってからいよいよ遥拝殿へ。

ここからは写真・ビデオ等は禁止です。

案内されて遥拝殿に入って行くと、とてもピンと張った空気を感じます。

天岩戸を遥拝した後は、神楽殿へ。

住所:高千穂町岩戸1073-1

電話(天岩戸神社):0982-74-8239

天安河原へ

天岩戸を遥拝した後は、天の安河原へ。八百萬の神々が集まって、どうしたら天照大御神が天岩戸から出てくれるか話し合った所です。

かなりパワーの強い所と聞いています。天岩戸神社を出て、車道に出て案内板の従って天の安河原の方へ歩くと、遊歩道の手前にソフトクリーム等を売っているお店が数件あります。遊歩道に入ったら、お店はありません。

とても美味しそうです。

この先に遊歩道があります。

これからトイレのない道を行くので、食べるのは天安河原に行った帰りにした方が良さそうです。

こんな道を通って行きます。

とても自然が豊かな所です。自然を観ながら行くので、少し歩きますが、退屈しません。水の音が心地よいです。

仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)といわれる洞窟で、ここで八百萬の神々が話し合いをしたのだそうです。

とても神秘的です。たくさんの石が積み上げられています。石を積み上げると願いが叶うという伝説があるようです。

人がたくさんいても静かで、神様がどこからか見ているような気がします。

 

-宮崎のおすすめスポット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

五ヶ瀬町の紅葉 白滝 行き方、トイレ休憩は

2017年11月10日(金)椎葉村に、椎葉平家まつりを見に行く途中、日之影町の見立渓谷の紅葉を観て、高千穂町に来ました。高千穂峡も観たかったんですけど、ゆっくりしている時間は無いので、道の駅高千穂でト …

宮崎県最大の観光スポット高千穂峡 宮崎に来たら必ず見て帰るべし日本の滝100選の1つ真名井の滝

高千穂峡は、名勝・天然記念物に指定されています。高千穂に来たら、高千穂峡を見ないでは帰れませんよね。 本当は秋に来たかったのですが、真冬になってしまいました。真冬の高千穂峡の様子をご報告します。 目次 …

親子で楽しめるグランドオープンしたイオンモール宮崎、子供に大人気のスペース、駐車場、バス等アクセス方法

グランドオープン後初の日曜日、宮崎市内は薄曇り。雨が降り出したのは夕方からでしたが、降るのかな?降らないのかな?といった、薄い雲の広がる日でした。朝9時オープンで、私が行ったのは朝9時半。まだ駐車場は …

しゃくなげ花まつり2018ヤマメ釣りもできる都城市しゃくなげの森見どころを紹介

花木の王様と称される「シャクナゲ」は、「石楠花」とか、「石南花」と書きます。ツツジ科に属し、ネパールのヒマラヤや中国の雲南省等に多く、冷涼な地域を好むので、高温多湿の場所では生育が難しいと言われます。 …

冬の高千穂観光 国民宿舎ホテル高千穂に宿泊 高千穂神社で高千穂神楽、高千穂牛レストラン和(なごみ)で高千穂牛を味わう

高千穂に観光に行くなら秋の紅葉の季節がベストだと思いますが、今年の秋は、子供の用事や体調などで行くチャンスが無く、真冬の12月、しかも年末になってしまいました。それでも来年は長女が大学受験を控え、旅行 …

検索

カテゴリー

アーカイブ